FC2ブログ

山形県の生活雑貨店 La Casa (ラ・カーサ) 店長おすすめ商品

La Casa(ラ・カーサ)の各店長から、おすすめ商品情報をお届けします♪

カモミールのお話し

今回はカモミールのお話し。

カモミールはハーブの中でも最もメジャーな物のひとつ。

美肌効果やリラックス効果は知っていても、
他にどんな効果があるのか、案外ご存じないのではないでしょうか。

カモミールには多くの品種があるんですが、
お茶に良く使われるのはジャーマン・カモミールとローマン・カモミール。

カモミールという名称は『大地のリンゴ』という意味のギリシャ語に由来しており、
花にリンゴのような甘い香りを持ちます。

お茶として飲むときは、
ジャーマン・カモミールは少し濃い目にいれたほうが美味しいようです。

鎮静作用と消化促進作用にすぐれ、
食べ過ぎ、腹痛、風邪の症状に対して、
古くから民間薬として利用されてきました。

イギリスの有名な童話『ピーターラビットのおはなし』の中で、
いたずらっこのピーターがおなかをこわしたときに、
おかあさんうさぎが与えたのがカモミールティーでした。

不眠症や冷え性にも効果があります。
カモミールを使ったホットミルクを作って飲むと、
とっても安らぎそうです。

良く聞く「皮膚の炎症をおさえる成分」は、
乾燥させた花の部分を浸出させたものにしか含まれません。
カモミールの乾燥させた花を煮詰めた液をお風呂に入れると、
お肌がなめらかになり、疲労を回復してくれるでしょう。

ちなみに和名のカミツレ
どうしてカミツレと呼ばれるようになったのでしょうか。
それは江戸時代。
カモミールがオランダから伝わってきた際、
オランダ語で「Kamille(カミッレ)」と言っているのを聞き、
しかも、歴史的仮名遣いでは、促音を表す「つ」を小さく書かなかったために
カミツレになってしまった、と言われています。

カモミールの花

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する